グアムの思い出

グアムの思い出

グアムは日本から近くてチケット代も安いので、何度か行きました。
綺麗な海と、手軽に外国の雰囲気が味わえること、
アメリカ領なのでCOACH等のアメリカブランドが安く購入できることが魅力です。

 

初めて行ったのは、大学の卒業旅行で、テロなどがあった関係で
アメリカ行きの飛行機はことごとくチケットが余って激安セールをしていました。
そのときは沖縄に行くより安かったと思います。

 

観光は主に周遊バスに乗ってショッピングモールを転々と見て回りました。
両脇に商店が並んで吹き抜けタイプの形式のショッピングモールがまだ日本に無かった頃だったので
物珍しくて見て回りました。

 

セブンイレブンなんかも、陳列している商品がちがうのが楽しくて見て回ったりしました。

 

アメリカだからか、ホテルの部屋が無駄に広くて、なぜか風呂が2つ付いてました。
日本系列のホテルに泊まったときは普通でしたが。。

 

あとは、実弾射撃に挑戦してみました。
映画などで銃を見る機会があっても、実際日本にいると触る事は絶対無いので
銃と言うのがどんなものなのか、絶対やってみようと決めてグアムに行きました。

 

友人は「ヒトゴロシの道具だし。。」と怖がってやりませんでしたが、
やってみないと分からないことを色々知ることができたので、私はやってみて満足です。
たとえば、6つ銃弾をこめる穴があるタイプの銃、やたら面倒くさいし、あの丸い玉をこめるやつをあけると
結構重いのでバランスが崩れて手が痛い、、ボンドガールとかは優雅に玉こめてますけど、なれないと絶対無理です。
そして、クルクルっと意外と回らない(笑)ルーレットのように行くかと思いきや、ぜんぜんです。

 

耳あてが物凄い遮音性があるので、打っても音はサッパリ聞こえません。
インストラクターが色々お世話してくれるのですが、耳あてしているあいだは声はかき消されて「無音」です。
なので、音が怖い人はぜんぜん心配しなくて大丈夫です。

 

そして、最たる収穫は「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」は、「2・3発位打てば1発は当たる」くらいの割合だ!という事です。
私は射撃の類はヘタクソなのですが、A3用紙に人型が印刷されている的の心臓部分を狙って打ちましたが、
結構当たってました。外れても、股間とか(重いから下がる・・)に銃創が集中していました。
恐ろしいですね。

 

銃を持った相手がいたら、「外れるかもしれない」という淡い期待はもう出来ません。
一目散に逃げるか、おとなしくホールドアップするのが吉でしょう。

 

安全に関する重要なことを知ることができました。

 

いとこの結婚式で行ったときには、ちゃんと現地の観光ツアーに申し込んでグアム一週しました。
どこを見たかは忘れましたが、お昼にバーベキュー(大味)を食べた事は覚えています。
ツアーで観光すると、軍の施設等、一般には許可が下りない場所を通過することが出来たりするので
なかなかおススメです。

 

グアムで一番楽しいのは「チャモロビレッジ」で毎週水曜にやっている「チャモロナイト」というお祭りです。
ホテルの近くでは観光客ばかりしか見ませんが、チャモロナイトに行くと
チャモロ人だらけ、チャモロ料理の屋台が並び、音楽もかかっていてとてもにぎやかで楽しいです。
周遊バスで簡単に行けるし、
グアムに行ったなぁ、という気がするのでおススメです。

グアムの思い出関連ページ

初めてのグアム旅行
私も夫もミーハーなので、着いた日はとりあえずハードロックカフェに行きました。ハードロックカフェって、ザ・外国!って感じがするので私も夫も好きです。 店内の感じが外国にいる気分を盛り立ててくれるんでしょうか。あとは、初日なのでまだローカルなお店に入るのが怖い、っていうのもあります。まずは雰囲気に体を慣らさないと。
初めての海外旅行
私は初めての海外旅行はグアムでした。行くというのが決まってからとても楽しみでパスポートを作りに行くのだけでもうきうきしていました。2泊4日で行ってきました。
Oh, my god! 米国、グアムでの思い出
当時、4歳と6歳。長男の就学を前に、グアムに、お友達3家族と出かけることになった。今なら、さしずめ、ポケモンジェットだろうけれど、そのころは、リゾッチャなるJALの古くなった航空機

グアムWIFI事情 グアムWiFiレンタルランキング カードの海外旅行保険賠償責任を使う